お子さんが

大学を辞めたいと

言い出した時に読んでください・・

 


子供は

地方の某国立大学に通っている。




本当は家から通えるところに

進学させたかったが、



センターの点数が足りず、

家から300キロほど離れた

他県の大学に通うことになった。




大学を辞めたいと

言い始めたのは、



今回が初めてではない。



実は


「大学を辞めたい」と言ってきたのは

2回目で、



前回の時は


「せっかく苦労して入学したんだから」と

強引に説得し、



そのまま様子を見ることにした。




親子で乗り越えてきた受験戦争。



簡単に大学を辞めると

言い出す子供を、


はじめは

理解しようとしなかった。



でも結局は


大学にはほとんど行けずに、却って

子供を苦しめてしまった。



私たちも、


毎日の生活に追われ、

子供の話に耳を傾けるゆとりが無かったし、



ロクに話も聞かずに


こっちの希望を

押し付けてしまったことを反省した。




だから今回は、



「ちゃんと話を聞いて、


できれば大学を続けられそうな


アドバイスができればいい」




そんな想いで

子供の話を聞くことにした。




  何で? (nande?)




子供の話を要約すると、

こうだった。




大学の勉強に興味が持てない。

サークルも辞めた。

何か別にやりたいこともない。




ただ、

裕福でもない我が家で、


下には大学受験を控えた弟もいる。


そんな中、


年間で200万円近いお金をかけてもらって

大学に通えないことが申し訳ない。



だから、

大学を辞めたい・・・





子供は、泣きなら

そう、打ち明けてくれた。



私たちは、子供に



●家のお金のことや

弟のことを気にすることは無い。



●勉強なんて、興味のないものばかりだから、

我慢することはできないのか。



●勉強が分からなければ

教授や友達に聞いたらどうか。



●人間関係に悩んでいるなら、

学校の相談室を利用したらどうか。




私たちは、

あらゆる提案をしてみたが、




息子は、

下を向き首を横に振るばかり。



具体的な進展もなく、

話は終わってしまい



「また話をしよう」と言ったものの



年末年始の時間は

瞬く間に過ぎた。



あれから、

再び話す時間は持てず、



別れ間際に

「もう少し考えて」と言うだけが精一杯で、


子供は

下宿先に帰っていった。





子供が留年するのは、

ほぼ決まっている。




本人がやる気になれば、



1年や2年余計に時間がかかっても、

大学は卒業して欲しい。




でも、

肝心の本人に、その気がない。



辞めたとしても、

特にやりたいことは無い。



もっと時間をかけて

子供と向き合って話をすれば



何かいい案が

見つかるかもしれない。



でも仕事に追われる日々の中で、



毎日のように子供と向きあう

ゆとりのある時間をとることなど不可能。



結局、

子供任せになってしまうのか・・




子供のためなら、

喜んでお金を出すつもりだ。



でも息子は、



私たちが学費を出すことで

苦しんでいる。




本当にどうしたらいいのか・・・



解決の糸口が見えないまま



子供も、

そして私たち親も



迫ってくる時間に

押されるように、



納得のいかない選択を

しなければならなくなる。


突然、

ドラ息子になった・・・

この話は保護者の方からの

ご相談でしたが、



実は、このような話を保護者の方から聞くことは、とても少なく、



相談のほとんどが

お子さんからです。



お子さんは、

親に心配かけたくないと



誰にも相談できずに

私たちに連絡をくれます。




私たちは話を聞き、



具体的にどうすればいいか、

アドバイスします。




しかし、

それで終わりです。




その後、

どうなったかは知りません。




このような時に、




いつもこの相談が

「保護者からだとよかったのに」と思うのです。




大学生活が上手くいかない

お子さんには、



現状を変える力はありません。





せめて親御さんのフォローがあれば、

状況は良くなるのにと、




いつも、

もどかしくなります。




大学生活がうまく行っていない、

お子さんは多いです。



真面目に頑張ってきた

お子さんほど、



深みにハマっている印象を

受けます。



元々7人に1人は、

大学を留年か中退をする上に、



コロナの影響が加わりました。




もし、このメッセージを見ているあなたが、

保護者の方で、



お子さんが


大学生活が続けられずに

困っているようでしたら、



その原因や

これからの対応についてお話しますので、



メッセージをお読みください。

大学生活が上手くいかない原因には

色々なものがありますが、



よく聞かれる代表的なものは

次の5つです。



1 大学入学がゴール


子供の頃から勉強を頑張って、大学に入った途端に勉強に対するモチベーションが消えてしまった。



2 将来を考えられない


大学生活が忙しいか、社会が不安定に感じ、将来を考える気持ちのゆとりない。



3 授業についていけない


推薦で大学に入った為、定期テスト向けの勉強方法しか知らず授業についていけなくなる。




4 ズルができない


グループ研究などで負担を強いられたり、サボっている人の世話をするハメになって嫌になる。




5 人の輪がない


サークルの閉鎖、オンライン授業、学食では黙食と、特に一人暮らしをしていると孤独感が強まり、自己肯定感が下がる。

以上が

よく聞かれる話ですが、



これらが

おもな原因である人は少なく、



お一人ごとに、おもな理由は

それぞれにあることが多いです。



ではお子さんの状況改善の

話に進めますが、



私たちのプログラムも

併せて紹介いたします。




●周囲に知られないようにする



お子さんが気力を失う第1の理由は、

周囲と自分を比べてしまうことです。




なので可能であれば

いまの学生生活を維持しながら次の準備をします。





●シンプルに考える「勉強か労働か」



学生でなければ、社会に出る。

これは憲法で定められています。


学生生活を終えるのなら、

働くことを考えます。



その際に私たちがオススメしているのが

公務員試験へのチャレンジです。



理由は中退などの弊害が少なく、今まで努力して養ってきた学力が生かせる場合が多いからです。




●両立させる



いきなり大学をやめて「背水の陣」で臨むのは、

確かにかっこいいですが、



できれば休学などの措置を取り、

学費の支払いを止めた状況を作って、



新たな道を築いてから

大学をやめる安全策をとってください。




●軌道に乗った時に考える




「職種を選べても、仕事を選ぶことはできない」

これが社会の鉄則です。



医学部に入って医師になっても、


働く病院で「外来を担当してくれ」と言われたら

拒否することはできませんし、



もっと自由になりたいと

開業医になったとしても、


市から割り振られた休日担当医や小学校の健康診断を断ることはできません。



この現実の

大原則があるかぎり、



どんな仕事が自分に合っているかで

悩むことなど、ナンセンスです。



いまの状況を変えることに集中して、



軌道に乗ってから

次を考えるようにします。






お気付きのように


大学生活がうまく行かないお子さんに

一番重要なのは、




モチベーションの維持と

メンタルのフォロー、


お子さんに合ったアドバイスを継続的に見守りながら実施する環境です。



私たちはそのような環境作りを第1に、

2つのプログラムを運営しています。それが、




1つは公務員試験を視野に入れた

「web公務員スクール」



2つ目は試験勉強のフォローのない

「自己分析マトリクス」です。




2つのプログラムは

正規会員プログラムで、



年間の会員数を30名に限定しています。




どちらも自己開発の

トレーニングのメニューが入っています。




Web公務員スクールは、大学を辞めることを考えている方に向いています。



自己分析マトリクスは、大学生活を順調にすることに専念したい方に向いています。




プログラムを検討されるかどうは、

お子さんとご相談ください。



その上で、

検討されるようでしたら、



私たちにご連絡ください。

事前に面談を行います。



プログラムに参加するかどうかは、

面談の後に決めることができますので、



ご安心ください。



面談はオンラインで行います。



お子さんと保護者の方が別々の場所にいても

日時を合わせて行うことができます。



ご本人・保護者のお二人で

参加される場合は無料です。




プログラムの検討の前に

保護者の方だけで面談をご希望の場合は、



60分で10,000円の

ご負担をお願いします。




面談は、


できるだけ学歴や実生活に影響が出ないように配慮はしますが、



無理に大学に残るような誘導やお子さんの意向を無視した一方的なご依頼は受け付けません、あらかじめご了承ください。




アドバイスは、


●お子さんの年齢、

●通われている大学、学部、

●大学を継続できそうか否か、

●できない場合の選択肢、

●学業が続けられない原因などを元に行います。





参考に参加された方のコメントと

インタビューをご紹介します。

       

インタビュー&コメントの一部をご紹介します。


       早く相談していれば・・

有用な自分のスタイルを確立できた

早い決断には価値があります。


東京ー札幌の航空券も2ヶ月前にとれば8000円ですが当日に買うと25000円です。



お子さんの状況が分かりませんが、


お話の中で何かのヒントを得られるだけで3ヶ月後には大きく状況が改善する可能性もあります。



逆に公務員試験や就職試験なら、ほんの少しの決断の遅れが最低1年の遅れになります。



1年の遅れは、必要としなかった200万円の学費と1人暮らしの生活費になるかもしれません。



お付き合い頂き、

ありがとうございました。



このメッセージが


お子さんとの話し合いの

きっかけになれば大変嬉しく思います。








オンライン面談を申し込む


横浜市出身。

20年以上にわたり大手専門学校で公務員試験・経理・情報処理系の学業指導・就職指導を担当。2012年11月インターネットを使った個人の思考や行動習慣に焦点をあてた、指導塾、就職塾こうなろうを設立。初年度から引きこもりで大学を留年している1人暮らしの若者をレッスンから5ヶ月で公務員内定するなど、現場の経験と独自の自己開発トレーニングで10年間で述べて1000名以上の個人レッスンに携わる。5年前よりプロ選手や会社経営者向けのマインドセットトレーニングを開始。そのほか高校生の現役公務員受験指導では10年連続で多数の現役合格者を送り出す。資格試験では公認会計士等の難関試験へのフォローも実施。クライアントは就職や公務員試験を考えている学生をはじめ、社会人、公務員、会社経営者、スポーツ選手など幅広く、普段の生活をモチーフに一歩ずつ問題を解消していくスタイルが好評です。

就職塾 こうなろう   

代表 木薗 邦彦

特定商取引に基づく表記https://www.k-kizon.com/toukuteishoutori2013/Blank.htmlhttps://www.k-kizon.com/jikobun/supermrx1506.htmlshapeimage_2_link_0